刃が開いたまま落としたシザー 研ぎ屋さんに修理してもらって復活

スポンサーリンク

美容師の大切なシザーを落としてしまう

先日美容師の最も大切な仕事道具「シザー」を落としまして(唐突)

 

 

カットするにあたり、問題ないように見える程度でしたが実際はシザーがどのような状態なのか

私には分かりかねるので、スペアのシザーで仕事をこなしていたのですが、

やっぱりいつもの道具が良いなぁ、という感じ

 

 

パッと見た感じだと外観的には問題なさそうですが

 

ハサミは本当に繊細なものだと思いますのでいつもの研ぎ屋さんに早く出さねば

 

ん?

あれ、、、

ここって、、、

 

か、かけてる。。。!!

 

やっぱり刃が開いた状態で落としてしまったのでこれはそのまま使用してはNGですね

こんな【小さな欠けでも致命傷】です

気づいてよかった

 

しかしショックだ。。こんなにしっかり落としたのは初めてかも、、

大切にしなくちゃならないものなのに。

万が一にもこんな事がないように気をつけねば

 

ハサミのプロに研ぎ直しを依頼

本日やっと、研ぎ屋さんとスケジュール合って

研いでもらいました

「あら〜、これは〜、欠けてますね〜でも軽傷ですよ大丈夫です」

とニコリと笑みをこぼし、そのあとはハサミ屋としてプロの顔つきになっていました

 

〜20分程度で完了〜

 

 

キラーンっ!!

 

 

シャキーンっ!!

 

ピカピカ鋭利に研がれ切れ味も抜群

このシザーは軽い笹刃なのでほとんどこれ一本でカットいけちゃいます

私はセニングとドライ専用とこれの3丁しか使わない、この一丁が生命線でしたので

治ってホントよかった

大切にしつつバシバシ使っていきます

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

イシカワマサキ@札幌フリーランス美容師

北海道札幌市中央区『Theday4HAIR』内にてフリーランス美容師 トレンドを追ったサロンや日常にフォーカスしたサロン等、幾サロンにて経験を積み札幌市中央区のサロンにて店長として勤務後フリーランス美容師として独立 毛髪診断士の資格も取得しており、加齢等様々な要因から生じる薄毛抜毛等の悩みも身体の内外からの美髪ケアアドバイス、アンチエイジングケア致します ウィッグ等も専門ケア経験御座いますのでご相談頂けます