THROW【スロウカラー】Greenを濃厚に使ったヘアカラーレシピ【オリーブベージュ】

スポンサーリンク

こんにちは

札幌市中央区の美容室にて

✂︎フリーランス美容師✂︎をしています石川 です

 

【ご予約お問合わせはLINE@が便利です。下部をクリック→友達追加してお気軽にご連絡下さい】

THROW【スロウカラー】のGreenというカラー剤

今回は『Green』つまり緑色を使ったカラーの

お客様実例を見て頂きます

 

早速ですが本日のお客様

 

状況とオーダー

・カラーとカットご希望

・前回クセを活かしたショートスタイル

・今回は毛先を少し整えと毛量調整程度

・カラーは常識範囲でお任せ

 

 

基本おまかせと一任して頂きました

技術者として非常に嬉しい案件です、少なからず

『変にされない』『似合うように変化させてくれる』

という安心を持っていただけていると信じてお任せスタイル作っていきます

 

今回カットは前回ショートにしたスタイルが良い感じに

クセを活かせているのでカットスタイルは微調整

そのぶん今回 カラーは大胆に着替えます

カラー剤は私の大好きなTHROW(スロウ)です

 

 

赤やオレンジをぐっと消してくれる緑色

 

・Before

 

根元が結構伸びており、既に染めてある部分の間に黒い地毛が見え隠れ

全体的に色落ちもしておりますが、硬い太いの髪質の為に、

いつも 赤、オレンジ系に色がよりやすいです

 

 

そんな状態を今回は、、

Greenで攻めます!

「スロウカラー グリーン」の画像検索結果

 

【マット】【オリーブ】と称される事が多いですね

要するに【緑色】です

 

石川
今日はヘアカラーはにしますね〜^^

なんて言うと大抵皆様身構えます。

そりゃそうですね。

 

ですが今回のお客様は

お客様
ロバートの馬場ちゃんみたいな感じですか、、、?

 

とナイスな例えをいただきました笑

 

もちろんあそこまで原色の緑色にはしません

ほんのりGreenを感じる上品なお色です

赤味オレンジに寄りやすい方にもぴったりな柔らかい印象のお色に仕上げます

 

 

・after

 

はい、これくらいほんのりのグリーンを感じる仕上がり

緑が強く感じるように、というよりは赤味オレンジ味のカラーを

緑で打ち消した、というニュアンスのヘアカラーです

 

柔らかいニュアンスが出ていると思います

でも実はレシピ的には【かなり濃厚】にアクセントカラー(原色に近い濃いもの)

を調合しています

 

お客様に伝えるときは 【オリーブ】と伝えています

 

ポイント

今回は濃厚に緑色を調合している分、サイドカラーとしてベージュを入れる事で

よりエグ味のないしなやかな緑色です

【オリーブベージュ】とでも言ってみましょうか

美味しそうなネーミングですね

 

比べてみて頂くと一目瞭然ですね

ヘアカラーは柔らかさを演出したり

その時々の気分に応じた変化を作り出せたり

カットで作り出すスタイルにプラスしてよりオシャレな髪型を

楽しませてくれるメニューです

ぜひご参考ください

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

イシカワマサキ@札幌フリーランス美容師

北海道札幌市中央区『Theday4HAIR』内にてフリーランス美容師 トレンドを追ったサロンや日常にフォーカスしたサロン等、幾サロンにて経験を積み札幌市中央区のサロンにて店長として勤務後フリーランス美容師として独立 毛髪診断士の資格も取得しており、加齢等様々な要因から生じる薄毛抜毛等の悩みも身体の内外からの美髪ケアアドバイス、アンチエイジングケア致します ウィッグ等も専門ケア経験御座いますのでご相談頂けます