コテアイロンで作るような【なみなみウェーブ】風を再現するパーマのかけ方

スポンサーリンク

 

こんにちは石川です

友人から

[speech_bubble type=”ln” subtype=”R1″ icon=”1.jpg” name=”友達” ]飲みにいこう!なんなら花見!?[/speech_bubble]

といったような連絡をもらい、

[speech_bubble type=”ln” subtype=”L2″ icon=”6.img” name=”石川” ]ついにを実感できそうだなぁ。。[/speech_bubble]

と思いつつ

本日はうっすら吐息が白くなりかける寒さの雨模様です。。。

 

なみなみウェーブをパーマで再現

 

つい先日、パーマのウェーブについて書きましたが

今求められるパーマのウェーブをワインディング検証

2017-04-20

ウィッグだけでなく人頭にON

 

ご希望はなみなみ風ウェーブ

強すぎるパーマや、指でネジって乾かしたようないわゆる巻き髪風もイヤ

できるだけルーズな感じのお仕上がり希望

 

これまで胸ラインくらいのロングで重めスタイルにカットして作ってきましたので

引き続き毛先まで毛量感がしっかりある感じご希望

 

 

ロング重めのパーマスタイルウェーブがだれやすいと思いますので

その辺も考えてベースのカットとワインディング

あとは巻き方とロッド選定や薬剤をしっかり吟味して

 

カウンセリングにて

 

お仕上がりに関しては【完全なアイロンで作った大きなくっきりなみなみウェーブ】とは

差が出る事、このような感じに仕上がるというのもビジュアル確認させていただいてから

施術スタート

 

こちら美容師サイドが仕上がりのイメージがない状態で出たとこ勝負でのパーマは

絶対アウトだと思います(当たり前ですが)

 

パーマON後のお仕上がりは?

 

ビフォーはすっとんとんストレートですので撮らず

 

パーマ流し後

 

狙った感じに出ています

サイドバング(前髪横に落ちる短めの毛)はかけないつもりでしたが

ご希望により、ゆらりと落ちる程度にかけました

 

前髪は眉上に切るのでかけず

この後カラーもしますので、少し弱まるのも考えてのパーマです

 

カラーも綺麗に直して(マット系で染めました)

これも考え方それぞれだったり、ケースによりますが私は

ほとんど順番的にはパーマをしてからカラーします

やっぱり色落ちしますからね

 

そしてスタイリング

今回はどちらかと言うとルーズパーマなのでいくつかしっかりレクチャーさせて頂きました。

せっかくパーマかけたのですから、ちょっとやり方を覚えて頂いて

再現して頂くとヘアスタイルを楽しんで頂けます

 

今回は少し水分残りの状態からのムースにてお仕上げ

 

 

良い感じです

ちょっと巻き方を工夫してできるだけなみなみ風が再現できるよう意識しました

【ずらし】【カールの裏返り】がポイントです

これは自分で何度もパーマ検証していかないと経験になりません

 

なんだかこの春はパーマでヘアスタイルを着替えるのが良い感じです

 

自然に揺らぐ軽やかなパーマスタイル、季節感もあるんじゃないでしょうか

ぜひご参考ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

イシカワマサキ@札幌フリーランス美容師

北海道札幌市中央区『Theday4HAIR』内にてフリーランス美容師 トレンドを追ったサロンや日常にフォーカスしたサロン等、幾サロンにて経験を積み札幌市中央区のサロンにて店長として勤務後フリーランス美容師として独立 毛髪診断士の資格も取得しており、加齢等様々な要因から生じる薄毛抜毛等の悩みも身体の内外からの美髪ケアアドバイス、アンチエイジングケア致します ウィッグ等も専門ケア経験御座いますのでご相談頂けます